村上龍 それでもわたしは、恋がしたい 幸福になりたい お金も欲しい 5

 村上龍「それでもわたしは、恋がしたい 幸福になりたい お金も欲しい」。「本と洋服どっちを買えば自分磨きに有効ですか」の続きです。

 女性に限らず若い人達全般にあてはまるのだと思いますが、自分を磨かなければならないという強迫観念にとらわれ過ぎなんじゃないですかね。外見も中身もピッカピカに磨かれた自分でなければ、素敵な恋をして幸福になりお金を手に入れる事はできない。なんとかして磨かねばと。

 確かにそうなんでしょうけど、そのために起こさなければならないアクションは千差万別・十人十色で、しかも意識してやるような事じゃないですよね。

 このような強迫観念は、何かに熱中する事で打破できるんだと思うんです。その対象が現在の仕事であるなら、自ずとキャリアアップがされるはずだし、たとえ趣味的な事だとしても、その世界は格段に拡がっていきます。そしてなにより何かに熱中してる人は次第にキラキラしてくるんですよね。気がついた時には磨かれちゃってるワケです。タワシも軽石もい~らない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です