村上龍 イビサ 7

 村上龍「イビサ」。今回の再読で、周りの状況に反して異様に明るいマチコと、ネガティブな内容を多く含んでいるのに作品自体が非常にパワフルだという点に、結構びっくりしたんですよ。前回は人身売買や人体切断といった内容に拒否反応を起こして気付かなかったんですね!

 更に、よくよく落ち着いて考えてみるとスゴいって思える事がもう1つ。それはジョエルを引き継ぐかたちで登場するガイドだという亡霊の事です。

 この亡霊なんですけど、なんと男性のペニスの姿をしてるんですよ。巨大ペニスです。この作品、タッチはとてもシリアスです。読者としてはジョエルを越えるような偉大な力としてこの亡霊を想像してたワケですよ。そしたらペニスですよ。しかもです、マチコは亡霊とのファーストコンタクトで、こすってみたいという衝動を我慢できずにペニスに触っちゃうんですよ。

 これ、スゴくないですか。この作品のこの場面で唐突にペニス、そして触る主人公。こんな事が許されるのは龍さんだけですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です