村上龍 イビサ

 今日から村上龍「イビサ」に突入しようと思います。この作品、10年ほど前に1度読んでるんですけど、その時はさっぱり良さが分からなかったんですよね。で、あれから10年経った今、僕の感性は変化してるのだろうか?

 webでこの作品の書評とかを読むと、まさに賛否両論。最高傑作だと言っている人もいれば、ちっとも面白くなかったっていう人もいる。

 例えば「半島を出よ」のような超メジャー作品ではなく、どちらかと言えばマイナーな部類に入る「イビサ」のような作品に対して、知ったかぶって最高傑作だ~などと言うつもりはサラサラ無いんですけど、だからといってちっとも面白くな~いで通過しちゃうのも損な事でしょ。できればオモシロイと感じたいし、この作品を好きになりたいし、だってその方が自分自身が楽しいでしょ。批判とかしてるより楽しんだ者勝ちですよ!

 実は、今読んだら好きになれそうな予感がするんですよ。どうしてかな。レイコの余韻が残ってるせいかな。って事で、今日から「イビサ」!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です