村上龍 案外、買い物好き 6

 村上龍「案外、買い物好き」、「思い出編 その7 パリ」。「サン・ジェルマン・デ・プレでの楽しい思い出の一つは、大学生だった息子とローマからの帰りにパリに寄ったときに、大きくて重い買い物袋を持ってホテルまで帰りながら犬みつけというゲームをしたことだ」。

 このゲーム、龍さんが小学生の頃にやっていたもので、最初ジャンケンで負けた方が荷物を全部持ち、犬を見つける度に交代するゲームらしいです。

 それにしてもなんて微笑ましい風景なんでしょ。大学生くらいの子を持った親で、この風景を羨ましいと思う人が何人もいるんでしょうね。龍さんが俗に言う教育熱心な父親だったとは、僕にはとうてい思えないんですよ。ただ、息子さんはキラキラしている父親を、来る日も来る日もずっと見てたんですよ。僕の9歳と7歳の息子達よ、パパはキラキラしてるかい?

 だけどこのゲーム、知らない土地でしか成立しないですよね。近所だと何処に犬が居るか知ってるもんね。まぁそん時はパリまで行くか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です