村上龍 ハバナ・モード MEN ARE EXPENDABLE VOL.8 6

 「今、元気がいいのはバカだけだ」。シリーズVol.7「置き去りにされる人びと」の見出しです。龍さんはこの見出しをとても気に入ってるそうです。

 いい見出しですよね。笑えます。龍さんは、頑張れとか元気を出せという励ましの言葉に対して嫌悪感を持ってますよね。これらの言葉は非常に鬱な状態の人に対してはかえって逆効果ですし、既に元気で頑張っている人達に対しては、余計なお世話になるだけです。

 村上龍「ハバナ・モード」、2003年7月6日「うつと元気とおせっかい」の中で、龍さんは元気を出せという言葉についてこう書いています。「その人の健康状態を指すほかに違うニュアンスがある。その人の属する集団を鼓舞する、共同体の士気を低下させないというニュアンスが含まれている。自分が属する集団や共同体のために、いつも明るく振る舞わなければならないと強制されている言葉である」。このカンジすごくよくわかりますよね!

 元気を出せと口にする人は、その共同体に依存しているってワケです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です