村上龍 昭和歌謡大全集

 ♪ジャーン、長かった「半島を出よ」も無事に終わり、今日から村上龍「昭和歌謡大全集」です。えっ、気付いた方は気付いたと思いますが、結局は半島の夏が続くのでした。まぁ残暑ってコトです。

 「半島を出よ」のあとがきで龍さんが語っているように、「半島を出よ」のイシハラとノブエは、殺戮に次ぐ殺戮を繰り返した「昭和歌謡大全集」での唯一の生き残りオタク青年です。「昭和歌謡大全集」の刊行は1994年、「半島を出よ」の舞台は2011年ですので、少なくとも17年位若き日の彼らの姿を、メインキャストとして「昭和歌謡大全集」の中で見ることが出来るというワケです。

 それにしてもハードカバーの表紙。スゴいですね!好き嫌いの次元を超えて、ただひたすらスゴいとしか言いようがないです。ブックカバーを付けない限り人前では読めませんね。人格を疑われますから。

 もっとも「エクスタシー」のハードカバーは人前に晒しただけで逮捕されますので、それに比べれば良心的ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です