村上龍 半島を出よ 5

 村上龍「半島を出よ」。Wikipediaに各表題における視点人物が明記されています。視点人物は全部で24名で、高麗遠征軍から8人、日本政府や福岡市民などで9人、イシハラグループから7人です。

 彼ら24人の多くについては、生い立ちから現在に至るまでを、実に丹念に多くのスペースを使って描いています。これだけ多くの視点人物の個々の事情を読まなければならないというのは、ストーリーを先に先にと読み進めたい時には、少し読み飛ばしたくなる気持ちが出るかもしれません。登場人物の多さとあいまって、集中が削がれる場合もあります。

 しかし彼らは全員が主人公なんですよ。主人公にはその背景の描写は必須ですよね。Google Earth手法を選択した以上、彼ら全員の事情を読まなければならないんですよ。どちらがヨカッタかという事です。

 優劣無しの24人の主人公。前代未聞ですよね。僕はこの作品におけるこの手法、指示しますよ。理由は後でドッサリと書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です