村上龍 ライン 4

 村上龍「ライン」。昨日から作品の主人公の皆さんを登場順にご紹介しているのですが、あんまり多くて疲れてきちゃいました。でも、ここで止めると中途半端になっちゃうので、気を取り直して続きを行きますよ!

 学校で買われているウサギを飼い犬に襲わせる男、友人が何人もオウム真理教に入ったという男、男を殺して切断しその遺体を運んでいる女、半年間で52万ヶ所に電話をかけた女、自分の周りの者全てが自分を憎む友人に洗脳されていると思い込む男、犬の鎖を付けて犬小屋に飼われている男、息子から暴力をふるわれている父親。

 ふぅッ!やっと終わった~。なんか軽々と書いているように見えるでしょ?実はかなり大変なんです。一応、全員のハズなんですけど~。落ちを発見した場合にはMuteの方までご一報を!粗品はありません。

 それにしてもどうですか?スゴい皆さんでしょ?それぞれが別々のストーリーを抱えての一夜限りの黄金リレー、ついて来る事できますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です