村上龍 共生虫ドットコム 7

 最近の龍さんの作品は、会話におけるカギ括弧を用いないモノが多いですよね。それに慣れちゃっていて、ふと昔の作品を読んでいる時にカギ括弧が連打されてたりすると、何故かちょっとしっくりこなかったりしてたんです。どうしてかなって思ってたんですけど、村上龍「共生虫ドットコム」に余りに明瞭にその答えが載っていました。

 「カギ括弧は使い方によってマヌケなカンジになってしまう。カギ括弧を使わない文体はカッコいい」ですって。田口ランディさんは自分でカギ括弧の会話を書きながら、恥ずかしさの余りノタうち回っちゃうそうです。龍さん曰く「共生虫」はカギ括弧を意図的に使わなかった最初の作品だそうです。

 更に驚くべき事に「共生虫」の中では、ウエハラくんにフィルムを見せる女性の独り言と、全くコミュニケーションが取れていなかった事が後に判明するインターバイオの人達の会話に、逆に意図的にカギ括弧を使ってるとの事。

 独り言と成立していない会話にのみカギ括弧を使う。いやぁ龍さんのこのカッコ良さ。ため息以外何も言うことはございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です