村上龍 超電導ナイトクラブ 8

 そういえば村上龍「超電導ナイトクラブ」に突入してからというもの、ブログへのアクセスが極端に減ってきたんですよね。「カンブリア宮殿」や「海の向こうで戦争が始まる」の頃は絶好調だったのに。そんなにマイナーなのこの作品。それとも僕の記事がつまんないのかな?

 まぁストーリーが支離滅裂で弱いせいかもしれないけど、コメディっていう事で軽く見られている部分もあるんじゃないかな。もっともみんな龍さんにコメディ作品を期待してないんでしょうけど。やっぱり龍さんには破壊者を描いてもらいたいんですかね?

 でもよく考えるとこの作品の常連客達というのは、実はサイコーの破壊者達なんですよ。チョー底抜けな明るさで既存の概念をいとも簡単に吹き飛ばしちゃいますから。彼らこそ史上最強の破壊者なのかも。キクやトウジやポンちゃんが見たらビックリするだろうな!

 あっこれ以上アクセスが減ると困るのでこのヘンで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です