村上龍 超電導ナイトクラブ 5

 村上龍「超電導ナイトクラブ」。Barを訪れる流しがいます。流しといえばくたびれたスーツにギター1本で現れ、お客のリクエストで演歌を歌う。これが定番ですよね。ところがサイバーパンクなこのBarは違います。

 まずは格好。ある時は鼻の頭に赤い玉で白粉を塗った顔、ある時は金色に染めた髪で青いコンタクトレンズ。全身を白く塗ったウェディングドレスのパントマイマーと一緒の時もあれば、銀ラメブラウスに革ひもを編んだ軍隊制服タキシードのダンサーを連れてくる事もある。

 しかし更にスゴいのは、なんとフェアライトのショルダーシンセサイザーで登場し、指の先端に付けた装置からレーザーライトまで発射したりします。演奏するのは「蘇州夜曲」「荒城の月」からJazz、Beastie Boysまで!

 常連客達はどんなに白熱した議論の最中であっても、この流しが来ると、ある時は神妙に聞き入り、ある時は一緒に踊り歌うのです。そして高額なチップを渡して、また意味もなくドン・ペリで乾杯。あっかる~い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です