村上龍 海の向こうで戦争が始まる

 今日から村上龍「海の向こうで戦争が始まる」です。

 実は、今回この記事を書くために10年ぶりに再読してみました。そして「限りなく透明に近いブルー」同様、以前と読後感が全く変わってしまっている事に正直自分でも驚いています。

 この作品はごく一般的な感覚の持ち主であれば、まずは嫌悪感を持つと思います。「限りなく透明に近いブルー」がSEXとDRUGで嫌悪された以上に、この作品は不潔であり、あまりに残酷であり、そして無情な為に嫌悪されるのです。しかも最後にはタブーである戦争まで持ち出してきます。

 ですが「限りなく透明に近いブルー」も「海の向こうで戦争が始まる」も、その評価という事になるとかなり高い作品ですよね。やはりそれなりの何かがあると考えるべきでしたよ。「限りなく透明に近いブルー」については10年後の再読で、かなり好きな作品となりました。そして今回「海の向こうで戦争が始まる」の再読も、僕の中で「限りなく透明に近いブルーの時と同じような展開となっていったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です