村上龍 カンブリア宮殿 村上龍×経済人 5

 書籍版・村上龍「カンブリア宮殿」。今日はホリエモン逮捕の翌日にライブドア社長となった平松庚三さん。龍さんも番組で言及していますが、どうして社長を引き受けたのか、これにはホント興味がありました。

 で、本を読んで更にビックリ。平松さんって弥生をMBOしてるんですよ。しかも96億円でMBOして、2年後にはライブドアに230億円で売却している。平松さんは弥生の創業者じゃないんだから、常識で考えたらMBOの後の売却で、平松さんの仕事は完結じゃないですか。それなのに平松さんはライブドアグループに残った。しかも最大のピンチに至っては社長まで引き受けたんですよ。ホント驚きです。

 僕は売却後もライブドアに残った事と社長を引き受けた事の理由は同じなんだと思います。単純にライブドアにそれだけの魅力を感じてたんですよ。

 メディアは逮捕前のライブドアを実力の何倍もの評価をして持ち上げて、逮捕後には実力以下の評価で地に落とした。でも平松さんだけは1人冷静に、ライブドアに勝算アリとみたんでしょうね。ライブドア、期待してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です