村上龍 愛と幻想のファシズム Ex2

 はいはい、Muteの代わりのLouisね。村上龍「愛と幻想のファシズム」でのゼロとやらの夢の中。この夢の中の海岸で流れていたのが、Led ZeppelinのStairway to Heavenなんだとよ。Muteの話だと死を連想させる場面らしいから、天国への階段ってワケなんだろうけど、よりによってこの曲がトランペットの音色で聞こえてきたって云うんだよ!

 ハァッ。おいおいLed Zeppelinって云ったらあのJimmy Page様だぜ。トランペットはねぇだろ。遙か太古の昔から、Rockと来たらGuitar、Guitarと来たらJimmy Page、泣く子も黙るJimmy Page、巧いんだかヘタなんだか分からないJimmy Page。あぁ神よお許し下さい。Muteの奴はよぉ、遠くからStairway to Heavenがトランペットで聞こえる海岸なんて、スゴいシュールでカッコいいですよ、さすが龍さん、とかなんとか云ってたけどな。

 Stairway to Heaven収録の4枚目。なんとアルバムタイトル無し。マークが4つ並んでいることから、俗に4Symbolsと呼ばれてる。

 まぁそういうワケだ。じゃあなBaby!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です