村上龍 希望の国のエクソダス 4

 昨日の記事で書いたように、どうして村上龍「希望の国のエクソダス」は、これほどまでに読者に希望をもたらすのでしょうか。それはまず腐った日本を徹底的に破壊するからだと思います。

 僕の大好きな場面があります。国会での参考人質問の場面です。参考人として招致された不登校中学生の代表のポンちゃんに、既得権益の固まりのような醜い国会議員が質問するのですが、これが全く相手にならない。最終的にポンちゃんに「あなたとはコミュニケーションできない」と一喝される。しかもこの場面、NHKがポンちゃん達にハッキングされており、全世界に中継されてしまう。

 国会というのは日本において最高の権威とされており、NHKもまたメディアの世界では同じとされています。

 このあからさまな権威の失墜が全世界に晒されるという事実。「コインロッカー・ベイビーズ」ダチュラ並みのメガトン級破壊弾だと思いません?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です