村上龍 限りなく透明に近いブルー 4

 今回、何の嫌悪感も抱かずにすんなり村上龍「限りなく透明に近いブルー」を読めているのはどうしてだろう。10年の歳月が過ぎて僕自身の感受性が変化しているのか?

 実はちょびちょび読みながらライブ中継のようにこの記事を書いていこうと思ってたんですけど、あんまりオモシロくてもうとっくに読み終えちゃいました。すみませんです。

 過激すぎるSEX & DRUGの描写。これに嫌悪感を抱かなくなると、なんかカッコよく思えてくるんです。語り部である主人公リュウの視点が恐ろしく冷めてるんですよ。まるで他人ごとのように。だからイヤらしくも汚くもならないんです。むしろクールでカッコいい。

 過激なSEX & DRUGというのは、誰もが潜在的な願望として持っているでしょ。でも誰もが手に入れるモノでも身近にあるモノでもないですよね。日常からのブレイクスルーはやっぱカッコいいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です