村上龍 わたしは甘えているのでしょうか? 27歳・OL 2

 村上龍の「わたしは甘えているのでしょうか? 27歳・OL」。タイトルが不思議だという以前に、この本の企画そのものがどうも理解出来ないです。何故、女性読者の悩みに龍さんが答えているのでしょうか?

 僕が「テニスボーイの憂鬱」の以前の記事で紹介したように、「他人にしてあげられる事など何もない。もし何か他人に対してできることがあるとすれば、キラキラしている自分を見せてやることだけだ」、龍さんはこのような姿勢を一貫して取ってきたハズ。

 そんな龍さんが、わざわざ女性読者の人生相談に応じているのは、ややカッコ悪い。イヤッ、かなりカッコ悪いです。

 まぁ龍さん本人は楽しくてやっているのでしょうが、少なくとも「コインロッカー・ペイビーズ」の作者が、20数年後とはいえ人生相談をしちゃマズイですよね。ゼッタイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です