村上龍 音楽の海岸 Returns!

 このままでは終われないゾと、あれから村上龍「音楽の海岸」を読みました。

 そして僕は、この当時この小説の内容にスゴク嫌悪感を持った事を思い出しました。イヤな事ってすぐに記憶から葬り去られるしょ。なので小説の内容を覚えてなかったんですね!

 主人公のケンジは何人かの女性を飼っていて、その女性達を高額な対価で金持ちの男達に提供することで暮らしています。そしてケンジはある映像作家を社会的に抹殺するという仕事を、自らの興味とお金のためだけに引き受けます。社会的に抹殺ってくらいですから、一般ピーポーには考えも付かないような方法です。これがかなり変態入ってます。ちょっと詳しい内容は僕の口からは云えません。恥ずかしくて。

 と、まぁこのような設定です。嫌悪感持ったでしょ。えっ、オモシロそう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です