村上龍 テニスボーイの憂鬱 7

 ここまで続けて僕の記事を読んできた方は、本当は村上龍の「テニスボーイの憂鬱」って、人間の深層心理を奥深く描写し、人が生きていく為に必要なエネルギーを強烈に放った、高尚な文学作品だと感じたのではないでしょうか。えっ、ウソッ、そうだったの?

 あのぉ~、世間一般的には、テニスと女にうつつを抜かすテニスボーイの日々を、おもしろ可笑しく描いた、全くおちゃらけた作品というのが通説です。さてどちらでしょう?

 Amazonでは、絶版となっているハードカバーの画像がありません。ですが前回までの記事でリンクした集英社の文庫本の上巻・下巻の表紙をつなぎ合わせると、ハードカバーの表紙と同一になります。ハードカバーも集英社刊で上巻下巻が無くて一冊です。

 幻冬舎からも文庫本が出てますが、表紙は意図不明。これもAmazonに画像無し。一方の集英社の表紙は作品イメージそのもので秀逸です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です