村上龍 音楽の海岸 4

 では、さっそく「音楽の海岸」の作品レビューに行ってみようって思ったところまではいいんだけど、な、なんと作品の内容を思い出せないんです。えっ?

 村上龍作品のレビューをブログの主要コンテンツにするという僕の壮大な野望は、1作目からつまづく事となってしまった。ホントに申し訳ない!

 内容が思い出せないというのは、読んだ当時の印象が薄かったという事なんだろうけど、龍さんの作品は1回目に読んだ時はさほどでも、2回目に読んでいたく感動したモノも多々あるので、僕のプログ開設記念という事もあるのでまた読んでみようと思います。

 それにしてもAmazonでハードカバーの画像が無いのが痛いです。ハードカバーの表紙はカッコいいですよ。一方の文庫本の表紙はナニってカンジです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です